2017年05月18日

素敵なおじさま4人組♪

昨日は、素敵なオジサマ四人組

ロス・コンパニェロスのライブでした。


昨日が誕生日の友人がいたので、歌とケーキでお祝いを。

四人組も、友人も、共にオン年70歳なかば。
皆さんお若い!!
老人、なんて、とても呼べません!


18486123_1312262512188695_136004394066892346_n.jpg



18485443_1312262558855357_940108002406232560_n.jpg





ロス・コンパニェロスのライブは、奇数月の第3水曜日です。

次回は、7月20日。
直ぐに満席になりますので、ご予約はお早めにどうぞ!!



次回のライブは、

24日水曜


メキシコ、キューバ音楽の ジョエル


実力派の音楽をお楽しみください〜〜〜〜



IMG_20170518_072615.jpg




モレのタコス。


18527603_1312262618855351_5280356400972458162_n.jpg


このモレは、30数種類の食材で、三日間かけて私が手づくりしたものです。
何度もメディアで紹介して頂いた、私の自慢料理のひとつです。



http://www.tepito.jp/



posted by 雅杜 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

メキシコとキューバ音楽の夜


来週の水曜日、2月22日は
キューバ人の実力歌手、ジョエルの、テピート初ライブです

IMG_20170105_004046.jpg


メキシコ料理をお楽しみになりながら、素敵な歌声をお楽しみください。

ミュージックチャージ無料
2ステージ 19:30ごろから〜

当日混むと思われますので、ご予約くださいますようお勧めいたします


メキシコ料理テピート 
手作りの安全な家庭料理をお届けします

営業日  水。木。金。土

155-0031
東京都世田谷区北沢3−19−9
03-3460-1077


posted by 雅杜 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

新生マリアッチ


新しいボーカリストを迎えて、3人組のマリアッチが
とある会場で演奏しました。

それは、メキシコの航空会社、アエロメヒコの就航10周年の記念の式典での事。
この航空会社は10年前に初めて日本に乗り入れたのですが、
その時には、メキシコからやってきたマリアッチの一団と、
日本からはチューチョと、メキシカンダンスのペアひと組が参加して、
それは盛大な式典が数日間繰り広げられました。

早いものですね・・・・
あれから10年・・・・・・・
今回マリアッチの演奏のお話を頂いて、とても感慨深いものがありました。

そして、今回は、新しくメインボーカルに、ジョエルという青年を迎えての
初めての演奏。
ジョエルはキューバ人ですが、キューバとメキシコは、隣の国。
音楽的にも、互いに影響し合っている兄弟国のようなところがあります。
ですので、キューバ人のメインボーカルでしたら、とっても素敵なマリアッチが出来ると、
自信を持って、今回の初めての演奏を聴きました。

14705707_1107775435970738_8713607169818634708_n.jpg


脇は、ペルー人の凄腕ミュージシャン二人が固めます。
レキントギターのイリチー。
ギタロンのリカルド。
そして中央に、美声のジョエル。

素敵な3人組の誕生です

14724577_1107775439304071_4677504576922757643_n.jpg  14708311_1107775432637405_4683689787355737434_n.jpg



しばらく、音楽事務所の仕事は お留守にしていましたが、
そろそろ、また、やってみたくなってきました
マネージャー滝沢が、復活しそうです(^−^v

14729363_1107612012653747_6796317247218007244_n.jpg

いい音楽は、魂の栄養です。
素敵な音楽に包まれる幸せを感じました。





posted by 雅杜 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

チューチョ、思い出の動画

懐かしいチューチョの演奏をお聞きください

2010年10月のもの
チューチョが75歳の時の歌声です

DSCF0273.JPG

ゴッドファーザーのテーマ






Besame/Mucho ベサメ・ムーチョ



Los ejaes de mi carreta 牛車に揺られて



La Lloroana ラ・ジョローナ



posted by 雅杜 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

音楽に満たされるテピート♪

チューチョが健在な頃は、いつもテピートの店内には音楽があふれていました。

チューチョは週に3回は定期的に演奏していましたし、
気分が乗ると、演奏する予定がない日でも、気楽に弾いてくれることも多く、
また、食事に来た音楽仲間たちが、飛び入りで弾いてくれる日も 多くありました。

でも、チューチョがメキシコへ帰ってからは
私も気乗りしないし、あまり演奏を入れることもなく、
食事だけの店として、営業する様になっていました・・・・

今では月に一回、メキシコ音楽の4人組『ロス・コンパニェロス』と、
ペルー人のリカルド、の二組だけが、月に1回、演奏をしてくれています。


ところが、チューチョが亡くなって
彼のために弾きたい、とおっしゃってくださる方がいて
昨夜は、チャランゴの名手 DAIJITO こと、福田大治さんが、
ボリビア人の友人と共に、テピートにいらしてくださり、
素敵な音楽を奏でてくださいました


DSC_2258.JPG


今夜は、ペルー人のミュージシャン、リカルドとその兄弟たちがテピートに来て、
素敵な音楽を披露してくれました



DSC_2269.JPG


また、今夜はアルバイトのメキシコ人、アルフレッド(アルちゃん)の誕生日。
いらしたお客様もご一緒に、誕生日の歌を歌って、ケーキを食べました

DSC_2267.JPG

DSC_2268-d0a5f.JPG
posted by 雅杜 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

明日の朝、NHKおはようニッポンで!

先日取材を受けた番組が、明日放映されます!
NHKの報道番組
おはようニッポン
です

DSC_2197-ef894.JPG


posted by 雅杜 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

楽しく働き 楽しく踊る♪

昨日も とある撮影をテピートでしました。
私は、ダンスの練習を早めに切り上げて店へ。店では、私の出番を待っていました(笑)
いっぱい
インタビュー受けたけど、きっと、放送はホンのちょとっとよ(笑)

DSC_2197.JPG

で、夜は超満席の営業。

営業後は、いつものように日テレのドラマ
「マネーの天使」の消えもののための料理を。
メキシコ料理屋が舞台のドラマです。只今絶賛放映中。
テピートは料理協力しています。


定休日の今日、明日はしっかり気分転換して、また忙しい来週への鋭気を養いたいと 思います。

今日、明日、ダンス三昧です。
ん?   レッスンや、練習で、
遊びじゃないですよ。
私は ダンスパーティーには、ほとんど、まったく、行きません。
競技ダンスの練習が 大好きですから♪

今週末から ダンスの試合も始まります!
楽しいこと いっぱいで、
楽しく働き、楽しく踊る!! デス!!


posted by 雅杜 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

鷲と鳩(コンドルとパロマ)

ククルクク・パロマ
コンドルは飛んでいく

ともに、ラテンアメリカ音楽の代表曲です
ちなみに、コンドルは鷲の事で パロマは鳩の事です

「コンドルは飛んでいく」はペルーのオペレッタの中の曲として造られ,
サーモンとガンファイクルの演奏で、世界的にヒットし、知らない人はいない程の名曲になりました。



ククルクク・パロマの方は、メキシコのヒット曲。
この有名な歌は、チューチョの家の居間で産まれました。

この曲を作ったトーマス・メンデスは、当時全く無名で、チューチョの付き人をしていたのですが、
チューチョの家の居間でこの曲を作り、まず最初にチューチョに聴いてもらったのです。

トーマス・メンデスの才能を愛していたチューチョは、早速彼をレコード会社に連れて行き、友人のプロデューサーに紹介したのですが、
この、トーマス、ギターも歌も上手くない・・・・ そこで、チューチョが、彼に変わってこの歌を歌いました。

そしてこの歌は、レコーディングすることになったのですが、残念なことに、南米公演が決まっていたチューチョはその録音に参加できず、後ろ髪をひかれる思いで南米公演に旅発ちました。

コロンビアで仕事をしていた彼の耳に、ラジオから、その歌が聞こえてきたときには、トーマスの為に大変嬉しく思ったそうです。

チューチョ応援で産まれたこの歌。

この歌をきっかけにして、トーマス・メンデスは、大作曲家の道を歩き始めました。
いまだに歌い継がれるメキシコの名曲は、こうして生まれたのです。





やっと、
やっと、
彼の演奏を映していた動画をじっくりと見れるようになり、
その中から2曲選んでYou Tube にUPすることが出来ました
(今まで、何回かここで紹介した者は、昔UPしていたものです)

彼の歌を聴くと辛くて悲しくて
最後まで聴くことが出来なかったのですが、
やっと、辛さから立ち直れたようで、
動画を再生して、選んでUPする、という作業が、出来るようになりました。

彼の晩年の演奏を、後世に残すのが私の役目、と思っていますので、
これから、時間があるときに、ぼつぼつと、
辛くならない程度に聴いて、UPして行きたいと思っています。

彼が70歳を超えての演奏
いぶし銀の魅力、と言われていた、晩年。
不世出の天才チューチョの、最後の活躍ぶりをご覧いただきたく思います。



私も、毎日、生き生きと暮らしていけることが
やっと、このようなことが出来るようになったのだと、
嬉しく思います。



posted by 雅杜 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

チューチョの最後の生徒 小野華那子

私の夫はミュージシャン.
メキシコを代表するグループのひとつ トリオ・デルフィネスのリーダーとして
世界を舞台に活躍していました。

又、日本に長く在住していたことから、
40年以上にわたる日本でのラテンアメリカ音楽と文化の普及に貢献したことで、
メキシコ大使館で表彰を受け、それは立派なパーティーを大使公邸で開いていただいたほどの人です。

1960年代に日本に「アルパ」というラテンアメリカの民族楽器のハープを楽器を紹介し、
その普及に努めました。
巣立った生徒も数多く、日本でアルパを弾く人のほとんどは、何らかの形で彼の影響を受けています。


しかし、寄る年波・・・・・
もう音楽活動は止め、今は故国メキシコで静かに余生を過ごしています。

その彼の、最後の生徒が、昨日私の店で演奏をしました。

DSC_0948.JPG

その子の名前は 小野華那子
10歳の時から、遠く青森の弘前から、母親に連れられて上京し、アルパのレッスン受けていた子です。
夫チューチョが教えることをやめたあとは、友人のアルパ奏者に彼女を託していましたが、
その小さかった女の子が、立派に美しく成人し、演奏活動を始めるようになりました。

彼女がメキシコ民謡の「シエリトリンド」を弾き始めましたら、
私はあふれる涙でくしゃくしゃに・・・・・

私は、もう、彼の事は、受け入れて、諦めて、
切り替えて、新しい気持ちで生きて行こう、と、決心しているのですが、
でも、だめです
こういう事があると、もう、涙腺が止まりません。

彼が最後まで教えていた子が、こうしておおきくなって、
先生を忘れないでいてくれて、
立派にソロ活動をするようになった姿を見ると、感無量で、
人目もはばからず涙を流してしまいました。

彼女の成長が楽しみでなりません
彼女には、彼の遺品のアルパ(ラテンハープ)を、全部あげることにしました。
将来教えるようになった時の為にも、いくつ楽器があってもいいでしょうから、
うちにある5~6台のハープを全部あげます。
気前良い私ですが、楽器も喜ぶでしょう。


posted by 雅杜 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

ボリビアで活躍する日本人青年たち

地球の裏側、日本からは30時間もかけて飛行機で行くような所。。。。
辺境の地、と呼んでもいいようなボリビア。
そこは、アンデスの音楽の宝庫。
辺鄙な中で工夫を凝らした数々の楽器を生み出し、素晴らしい音楽を奏でている人々が住む。

その、高い音楽性に満ち溢れた異国の中で、
一流ミュージシャンとなって活躍する日本人青年たちがいます。

以前ブログで紹介した、秋元広行君は、
現地の人気グループ『アナタボリビア」のボーカリストとして、
澄み渡る豊かな声量で歌い上げ、ギターを奏で、作曲にも豊かな才能を発揮しています。




そして、ボリビアを代表する世界的フォルクローレグループの
「ロス・カルカス」のチャランゴ奏者の宍戸誠君。

厳しいオーディションを経て選ばれた、見事な演奏!!
8歳の時、ロス・カルカスの日本公演を聴き感銘を受けてこの道に進み、
そして今その憧れのグループの中で、人気奏者として活躍・・・・
まるで小説の様なお話です。




他にもたくさんの日本人が活躍していますが、その話はまた後日。


今日はこの宍戸君が活躍するロス・カルカスのコンサートへ行きました。
今年の東京公演では、これが実質的に最後の公演になります。
会場は、多くの熱狂的なファンで盛り上がっていました。

世界最高のフォルクローレグループと称賛されているだけあって、
その演奏も歌も、素晴らしいものがあります。
たっぷり2時間、ボリビア世界を堪能してきました。


いい音楽は魂の栄養!
また今日も、豊かな気持ちになれました


posted by 雅杜 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

音楽に満たされるテピートの夜♪

テピートでは、時々ラブをしています。

夫チューチョが元気なころは、週に3回ぐらいチューチョが演奏していましたが
彼がメキシコへ戻った後、月に2~3回、素晴らしいミュージシャンたちが
テピートの音楽の灯を消さないで、ライブを続けています。

4月23日(水)は八木啓代さん
八木啓代さんは、ジャーナリストとして、エッセイストとしても大活躍のお方。
私は啓代さんの大ファンで、お書きになったご本は全部読んだほどですexclamation×2

啓代さんのライブは毎回満席
彼女のファンでいっぱいです

DSC_0465.JPG

この日は、私も料理に頑張っちゃいまして、かなりお得なコース料理をお出ししています

ちなみに、この日のメニューは

サボテンサラダ
タコス・デ・カルニータス(ふっくら豚肉のタコス)
メチャド(マヤ時代から伝わるという、メキシコでも大変珍しい料理)
モレ・ベルデ(緑ソースのモレ)
アロス・コン・マリスコス(シーフードピラフ)
プリン
カモミールティー


といった内容
毎回お越しのお客様や、メキシコ通なお方も多いので、気を使います

美しい歌声を聴きながらの厨房仕事は、実に贅沢な時間でしたるんるんるんるんるんるん


そして、25日(金)
恒例の Noche de Musica 音楽の夜
テピートがお客様にお贈りする、ミュージックチャージ無料の最高の音楽の夜

この日の奏者は、ペルー人のリカルド・ロドリゲス

ケーナ、サンポーニャを中心にアンデス音楽
これまた美しい調べ 心癒されます

DSC_0467.JPG

演奏後の、おしゃべり中のリカルド

テピートの賄は結構いいので、ミュージシャンの方々、お食事を楽しみに来てくださるとか

リカルドは5月がフランスツアーなのでお休み
また6月にライブがあります

ちなみに今後のライブ予定は

5月 1日(木) ロス・コンパニェロス(メキシコ音楽)
5月 9日(金) 松宮幹彦 & 渡辺賢一
5月29日(木) 山下Topo洋平 & 田中大輔
6月13日(金) ロス・コンパニェロス(メキシコ音楽)


が決まっています
随時増えて行き次第UPしますので HPのスケジュールのページをご覧くださいませ







posted by 雅杜 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

メキシコ音楽・ロス・コンパニェロス♪

今夜は、テピートがお贈りする、珠玉の音楽

Noche de Musica


ミュージックチャージ無料で、最高の音楽を皆様にお届けしていまするんるん

今夜の奏者は メキシコ音楽の ロス・コンパニェロス


アマチュアの4人組ですが、そこいらのプロ顔負けの素晴らしさるんるん
そしてなによりも、メキシコとラテン音楽のを愛してくださっている、そのすがすがしさるんるん



unnamed.jpg


来週の金曜、21日は、山下Topo洋平さん揺れるハート

毎回満席が予想されますので、ご予約を入れ下さいませ。




ちなみに、
現在決まっています予定は

2月21日(金)山下Topo洋平さん

3月14日(金)ロス・コンパニェロス(メキシコ音楽)
3月21日(金)リカルド・ロドリゲス
3月28日(金)松宮幹彦&渡辺賢一

ご期待を裏切りませんexclamation×2


また、2月24日〜3月11日まで、滝沢が仕入れのためメキシコ音楽へ行きますので
店はお休みさせて頂きます。
勝手をして申し訳ございません
店は3月12日(水)より営業開始いたします

posted by 雅杜 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

ボリビアのダンス

先日、ボリビアで活躍する 秋元広行君の送別会を兼ねた
ボリビアダンスの集いに参加したことを書きましたが、
このボリビアのダンスの事が、私のダンス仲間に好評で、
もっと詳しく知りたい、という声も起きました。

日本では、セノビア・ママニさんという素敵なボリビア人女性が、
ボリビアのダンスの普及をしていらっしゃいます

PA01109839_m.jpg

http://www.zenobiamamani.com/


楽しさ溢れる民族舞踊




私も、秋元君たちと一緒に踊りました
野趣あふれるジルバ、といった感じのダンス
動きが激しいのでいい運動になりそうです

1511005_1460212667540252_356293489_n.jpg


メキシカンダンスといい、このボリビアダンスといい、
民衆の中から生まれた踊りは、生命力にあふれていますね
もちろん、日本の盆踊りもです。

何にせよ、ダンスは楽しいものでするんるん



posted by 雅杜 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

ボリビア音楽とダンス

ボリビアで活躍する、秋元広行君の事は何回かこのブログでもご紹介しました
3年続いてテピートでクリスマスライブもしています。

その秋元君が、今日ボリビアへ向かって旅立ちました。
そこで昨夜は、彼のお別れ会を兼ねて、ボリビア音楽とダンスの集いが
ボリビア人ダンサーのセノビアさん主催で開かれました。

土曜の夜で忙しかったのですが、娘とアルバイトのギゼルモ君たちに店を頼んで
私はそのボリビアンダンスの会へ。

最近とってもいいアルバイトのギゼルモ君が来てくれるようになりました。
彼はメキシコ人。日本語も上手です。
おかげさまで私も助かっています手(チョキ)

safe_image.jpg

会場内は、ボリビア音楽を愛する若者たちでいっぱい。
皆さん汗だくになりながら踊りまくっています

私も、年甲斐もなく、踊りに加わり〜〜
秋元君とも踊りました。
いつも店に来てくれている、小崎君とも踊って、
まぁ、オバサン、明日の筋肉痛も考えずに、おどりまくり〜〜

ですが、日ごろ社交ダンスのレッスンで鍛えているせいでしょうか
今日も全く平気で、ダンスに出かけるほど
年の割には元気なようです(^^;


秋元君の新妻 ロレーナちゃんも、綺麗な民族衣装で踊ります

unnamed.jpg


演奏中も、ダンスタイムも、私も若い人に混じってたくさん踊りましたるんるん

楽しい初体験の ボリビアダンス 癖になりそうな楽しさでした揺れるハート



秋元君夫妻は、今日の朝成田からボリビアへと旅立ちました。
遠い南米。たどりつくのは29日の朝になるとか・・・・・
本当に遠いですね・・・・・・
いつか訪れたい国、ボリビアです。

早くまた秋元君たちの演奏を聴きたいものです。
次回の日本公演を楽しみにしましょう




posted by 雅杜 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

クリスマスライブレポート(その3)

E 24日(火・昼)

共演 岡田浩安

DSCN0104.jpg


毎回、秋元君の新妻ロレーナちゃんが、ボリビア音楽に合わせて踊っていましたが
この日は、素敵なボリビアのダンスの衣装で登場


unnamed.jpg


会場の人を誘って踊ります

一緒に踊った男性は、なんと、日本の盆踊りを踊り始めました

ボリビア人女性と、ボリビア音楽に合わせて、
堂々と、臆することなく日本の踊りをなさる
その素晴らしいアイデンティティーexclamation
これぞ日本exclamationと、私は大変感動しましたるんるん




会場は楽しい雰囲気に包まれていました



F 24日(火・夜)

共演 岡田浩安 飛び入り演奏 小崎

DSCN0300.JPG


DSCN0299.JPG

ところで、クリスマスの時期に飾られるポインセチア
この花の原産国はメキシコです

もちろんテピートの店内にはポインセチアを飾っています


こうして楽しかった4日間の秋元広行クリスマスライブは幕を閉じました
連日、素晴らしい音楽に満ち満ちた日々

またいつか、こんな素敵な機会があることを願っています

DSCN0333.jpg

そういえば、秋元君と一緒に一枚も写真を撮っていないことに気が付いて
最後に記念写真





posted by 雅杜 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

クリスマスライブレポート(その2)


C秋元広行クリスマスライブ 23日(月・昼

4回目の共演者は リカルド・ロドリゲス

ペルー人の彼は、さすがフォルクローレのご本家
初めての共演でも、息の合った演奏を聞かせてくれました





DSCN0058.jpg






D 23日(月・夜)

ムードメーカー、ダイジートこと福田大治さんと マヤの岡田浩安さん

飛び入り奏者は 東京大学民族音楽愛好会OBの牧野翔君と
同じくOBの 小崎




DSCN0101.jpg

福田大治さんの面白トークに、会場はノリノリるんるんるんるんるんるん





・・・・続く〜〜








posted by 雅杜 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

クリスマスライブ レポート(その1)

秋元広行クリスマスライブが楽しく、素晴らしく終了しましたるんるんるんるんるんるん


では、そのレポートを


@ 21日(土・午後)

共演者は、秋元君と同じくボリビアの地で活躍する 桑原健一
若手のチャランゴ奏者としてはピカイチの青年。
とあるアマチュアのコンサートで彼の音楽を聴いて、思わず声をかけた私はやっぱり耳が肥えている耳耳
どなたぁ?? 身体も肥えてる って、おっしゃってる方は?

なぜかこの会は大変空いていまして、でもその代り、しっとりとじっくりと
ボリビアの空気に身を漂わせるには最適だったかも





A 21日(度・夜)

共演者は 昼と同じく桑原健一

王子様チックな、美青年の桑原君 とっても素敵です

DSCN0001-2.jpg


会場には、東大の民族音楽愛好会OBの牧野翔青年と 成川さんが飛び入りで演奏を

IMG_20131221_211706_659.jpg

DSCN0037.jpg


この日マラカスを持っていなかった牧野君は、密閉容器と、フリホーレスの豆で作った即席マラカスを振ります
流石、ベネズエラまでマラカス修行に行っただけのコトありますね
ケーナ、サンポーニャ、バンドネオンなども弾く芸達者


その日の事は、ここに詳しく書いています


B22日(日・夜)

この日も共演者は桑原健一

飛び入り奏者は 昨夜と同じ牧野翔



DSCN0051.jpg





今回、秋元君は結婚したばかりの新妻を伴って来日

愛らしいロリーナちゃんです

DSCN0080.jpg


・・・・続きまた後で



posted by 雅杜 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

至福の音楽続き テピート

ここの所体調が思わしくなかったのと
店も忙しかったのとで、ブログをUPしていませんでしたが
近頃のテピートには、素晴らしい音楽が満ち溢れています

写真も撮れなかったので、臨場感に乏しいですが・・・・



10日(火)は、山下Topo洋平さんのライブ
ケーナとサンポーニャの名手洋平さんが、ギターの高木大輔さんと組んで
オリジナル音楽や、フォルクローレの世界を繰り広げましたるんるん
満席の店内は、お客様も大変ご満足くださったご様子
こんなにいい音楽を身近に、しかもミュージックチャージ無料で聴けるのですから目目
音楽好きな人にはこたえられない話だと思います揺れるハート


15日(日)は、ロス・コンパニェロスというアマチュアグループのメキシコ音楽
でも、マチュアとはいえ、筋金入りの凄腕アマチュアですぞexclamation×2
東京外語大のスペイン語学科を卒業した二人を中心に
若い時からの熱心なメキシコ音楽好きな仲間4人が
その辺のプロ顔負けの演奏を聞かせてくださいまするんるん
平均年齢70ん歳の青年たち
音楽は若さの源ですね
素晴らしいです ほんと 
この手の音楽にはかなり厳しい酷評をする私ですが、本当にいいですよ手(チョキ)手(チョキ)
下手なプロよりはるかにお上手で、好感度の高いグループです
正しいアマチュア道の王道を行くグループexclamation×2
この日も満席で、皆さま往年のラテン音楽を堪能していらっしゃいました


続いて16日(月・祝)は、もうおなじみの
松宮幹彦&渡辺賢一のデュオ
私はこのおふたかたの音楽を「匠の音楽」と呼んでいるのですが
まさに職人芸の絶妙さ 巧みなテクニック揺れるハート
それに、松宮さんのユニークなボーカルが加わって、味を増しまするんるん
店が定休日の日に開いたので、毎回満席ですのにこの日はお客様が少ないのが残念でしたが、
でも、素晴らしい音楽を満喫させて頂きました



来年1月は、21日(火)が山下Topo洋平さん
24日(金)がロス・コンパニェロス
松宮さんと渡辺賢一さんは未定
おなじみリカルドも、どこかに入ってくれることになっています




Noche de Mucsicaは、テピートが皆様にお贈りする 珠玉の音楽のプレゼント
ミュージックチャージ 無料 でお届けします
しかも、とびっきりの音楽を
るんるんるんるんるんるん

どうぞお楽しみに

またこの日はいつも混みあいますので
お早目のご予約をお願い申し上げますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




昨日18日(水)は、私の大好きな八木啓代さんのライブ
そのレポートはまた次に

明日はリカルドのNoche de Musica です


秋元広行クリスマスのスペシャルライブも
ご予約受付中
満席の日や、残席わずかな日も出ています







posted by 雅杜 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

♪ククルクク・パロマ♪誕生秘話



パロマ は 鳩のこと
ククルクク とは、鳩が鳴いている声です

ラテン音楽に詳しくない人でも、
お聞きになればこの曲をご存知の方は多いと思います
沢山の日本人の歌手も歌っていますから

http://www.youtube.com/watch?v=_X1bOQPLvBA



この世界的名曲、大ヒット曲が
実は

【チューチョの家の居間で産まれた】

という事を知る日本人は少ないと思います。
(チューチョのコンサートの度に、私は説明してきましたけどね…でも少ないです(^^; )


この名曲を作ったのは、トーマス・メンデス。
この曲で大ヒットし、大作曲家になりました。

でも、作曲当時は全く無名で、
チューチョの『付き人」をしていました

トーマスは、チューチョの家の居間でこの曲を書き上げ、
そして、一番最初にチューチョに聴いてもらったのです

トーマスの新鮮な才能が気に入ったチューチョは、
早速彼をレコード会社に連れて行き、
友人のディレクターたちに聞いてもらう事にしました。

ところが、トーマスは歌は上手くないし、ギターも大したことはありません。
それで、彼にかわって、チューチョがディレクターたちの前で歌って聞かせたのです。

そして、その曲がレコーディングされることに決まりました。

チューチョのおかげで、誕生した曲、と言っても
過言ではありません。


レコーディングの時に、チューチョたちはすでに南アメリカへの公演旅行が決まっていましたので、残念ながら録音には参加できなかったのですが、
チューチョがコロンビアで仕事をしている時に、
ラジオからヒット曲としてこの歌が流れてきたのを聞いた時には、嬉しくて感動したそうです



恋人を失い悲しむ男の魂が鳩になって
ククルクク、と、泣きながら恋人を探してさまよう

という、失恋の歌。


名曲の陰にはチューチョあり、と言ってもいいほどの
ラテン音楽の生き証人のようなチューチョです






posted by 雅杜 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

アナタボリビアを聴きに名古屋まで(^^;

大好きなグループ、ANATA BORIVIA の『追っかけ』をして、
名古屋の安城までコンサートを聴きに行ってきました揺れるハート

今回東京近郊では先日の横浜だけだったので、店が休みの月曜日、
娘と二人、新幹線に乗って名古屋まで行きました。
コンサートは前回以上に素敵! 堪能しました。ご機嫌(^−^v

DSCF1232-2.jpg




着いた日のお昼には「ひつまぶし」を。
名古屋に行ったらこれよねるんるん

DSCF1231.jpg



その夜、コンサートのあとはご存知名古屋の「手羽先」
(写真を撮るのも忘れて食べまくり〜〜)

翌日、東京に帰る前は「きしめんを」

DSCF1233.jpg

ボリュームがあってびっくり!
美味しくてびっくり!

たいへんおいしい名古屋でございましたるんるん






posted by 雅杜 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラテン音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする