2016年03月22日

チューチョが旅立ちました

昨日、チューチョが亡くなった、という知らせが入りました。



何から書いたらいいんでしょう・・・・

5年前から病に臥せって、故国メキシコへ帰っていましたが、
最後は息子たち家族に見守られながら、旅たっていきました。

私は、チューチョの危篤の知らせを受け、2月14日から8日間、メキシコへ行っていましたが、小康を保っていましたので、まだまだ、と思っていたのですが。
しかし、チューブにつながれて長く生きるもの不憫と思っていましたが、これでやっと楽になったと思います


思えば、彼と私の歴史は長く
チューチョ31歳、私が15歳のときの出会いでしたから、もう、
52年前のことになりますね。東京オリンピックの年でした。

私にとっては生涯をかけて愛した人。
彼にとっては、最後の女
世間で言う夫婦とは少し違った、パートナーシップで結ばれていました。


5年前に彼が壊れてしまい、4年前から国に帰りました。
鮭だって生まれた川へ戻るぐらいですから、人間最後は、生まれた国に帰りたいもののようです。
一日のほとんどを眠ってすごす晩年でしたが、
最後は故国に戻り、子供や孫たちに看取られて、幸せだったことでしょう。


チューチョはこの世の中にいなくなっても、
彼の残したメキシコの文化のともし火は、ここテピートで
小さくですが、灯し続けてまいります。

チューチョに食べてもらいたくて、作り始めメキシコ料理・・・・
おかげさまで、たくさんの方々に支持されるようになりました。
私は、ここ下北沢で、チューチョの思い出とともに、
メキシコ料理を作り続けてまいります

皆様、ありがとうございました
これからも、よろしくお願い申し上げます

12140087_877846718963612_8428162729071156331_o.jpg












posted by 雅杜 at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久美さん、お疲れ様でした。
チューチョさんはメキシコと日本でたくさんの人に愛されましたね。今頃は先に天国で待っていたお友達に再会して、ゆっくりと音楽を楽しんでいらっしゃると思います。

久美さんが作り続ける“メキシコの想い出”に会いに新しい「テピート」にも伺わせて頂きますね。
Posted by 天利紀子 at 2016年03月23日 06:24
チューチョさんが、お亡くなりになりました事を、拝見いたしました。
本当にショックです。
バースデーソングを、歌ってくれたことが本当に嬉しかったです。
東急イン渋谷での、披露宴も忘れられません。
コンサートにも、何回か行きましたが、あの演奏と歌声が見られない、聞けないことが、本当に残念でたまりません。
謹んでご冥福を、お祈りいたします。
Posted by ミツナリ at 2016年03月24日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435468239
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック