2012年03月26日

芝居二つ THE SHAMPOOHAT 年年有魚

ここのところ 二つ続けて芝居を見ました

ひとつは、テピートのお手伝い隊として助けてくれていた美紀ちゃんの
年年有魚 「春風」 駅前劇場

もう一つは、娘が出して頂いている 
THE SHAMPOOHAT 「一丁目ぞめき」 スズナリ



美紀ちゃんの芝居は、おれおれ詐欺を絡めた、春の日の一コマ
美紀ちゃんは、80歳を過ぎた老婆の役を
彼女のおばあちゃん、これははまり役でした
年年有魚 という劇団のものは初めて見ましたが、面白い人情劇 いいですね 


一方娘のほうは、いつものTHE SHAMPOOHAT らしい
好きな人には大絶賛、という、ちょっとよくわからない、、、
哀しくて面白い人間模様を、赤堀雅秋らしいタッチで切り取って描いています


年年有魚 の芝居は今日で終了
娘のほうは、まだ今月いっぱい続きます
http://www.shampoohat.com/zomeki/index.html




 
posted by 雅杜 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック